バンクイック初級編 最新版

バンクイックの詳細はコチラ

バンクイック 初級編

銀行カードローンならバンクイックがおすすめ!多くの人から人気がある理由は?

最短即日で融資可能になる

 

銀行カードローンは審査に時間をかける事が多いので即日融資を受けるのは基本的に難しいと言われています。
早くお金を借りたい時は即日融資に対応している消費者金融を利用する人が多いです。
しかしバンクイックは三菱UFJ銀行に中に設置されているテレビ窓口で申し込みをすると審査が最短30分で回答されます。
審査が可決されて契約手続きが完了するとその場でカードを発行してもらう事が出来ます。
カードが発行されたらATMでお金を借りる事が出来るので即日融資を希望している人がバンクイックをよく利用しています。

 

15%以下の金利で借入可能

 

消費者金融は即日融資に対応していますが、最高金利が18%から20%で設定されている事が多いです。
いくら早くお金を借りる事が出来ても金利が高いと加算される利息が多くなってしまうので返済する時に負担がかかってしまいます。
しかしバンクイックは最高金利が14.6%で設定されているので消費者金融よりも借入条件がすごく良いです。
15%以下の金利で借り入れする事が出来るのでバンクイックを利用している人もいます。

 

コンビ二のATM手数料も無料なる事が多い

 

銀行カードローンは自社ATMが手数料が無料ですが、コンビニのATMは有料になっている事が多いです。
1回の利用で手数料が108円から216円かかるので何度も利用していると無駄な出費が多くなってしまいます。
しかしバンクイックを利用すれば自社ATMだけでなくコンビニのATMの手数料も無料になる事が多いです。
コンビ二のATMでもお得に借り入れする事が出来るのでバンクイックを利用している人もいます。

 

家族に内緒にする事も可能

 

銀行カードローンを利用してお金を借りる時に家族にバレる事を心配する人も少なくないでしょう。
家族にバレてしまった時の気まずさはすごいものがあるので出来るだけ内緒にしたいものでしょう。
申し込みをした後にカードが自宅に郵送されてくるとバレてしまう事も多いです。
しかしバンクイックは三菱UFJ銀行に中に設置されているテレビ窓口で申し込みをすればカードも発行してもらえるので自宅に郵送されてくる事もありません。
家族に内緒にする事が出来るのでバンクイックを利用している人もいます。

 

サービスの手厚さも大きな魅力

 

バンクイックは日本の三大メガバンクの一つの三菱UFJ銀行のカードローンです。
利用者にメリットになるサービスも多数用意しているので安心してお金を借りる事が出来ます。
サービスの手厚さが抜群なのでバンクイックを利用する人もいます。安心してお金を借りたい時はバンクイックにキャッシングの申し込みをするのがおすすめです。

 

 

カードローンおすすめランキング!

バンクイックのカードローンをおすすめしたくなる5つの理由

低水準の金利で借り入れができる

バンクイックのカードローンを利用するメリットの一つは、低金利で借り入れができることです。
銀行カードローン自体が消費者金融に比べて金利は低めですが、その中でも、バンクイックは業界トップクラスの低水準金利を提供しています。
金利が低いと返済しやすくなり、多重債務に陥る危険性を回避することができます。なるべく少ない負担でスピーディーに完済したいと思う人にとって、この手厚さはありがたいものです。
具体的な利率については利用前に比較しなければなりませんが、バンクイックの利率の低さは明らかです。

 

総量規制の対象にならない

消費者金融を利用する場合は年収の3分の1までしか借りられないという、総量規制に縛られてしまいますが、バンクイックのカードローンはこの総量規制の対象にならないというメリットもあります。つまり、年収に関係なく希望の金額を借入できるということです。
例えば、消費者金融では300万の年収の人は一度に100万までしか借入できませんが、総量規制の対象にならないバンクイックなら100万以上を借りることも可能です。

 

借入限度額が消費者金融に比べて高い

個人で高額な借り入れをしたいと思ってる人にも、バンクイックはメリットがあります。
なぜなら、銀行カードローンのバンクイックは限度額が高いからです。審査にもよりますが、個人で1000万近いお金を借りることも可能であり、消費者金融に比べると大きな差があります。
もちろん銀行系は審査が厳しいといわれますが、そこをクリアできる人なら高額借入がしやすい会社といえるでしょう。

 

発行元が大手だから安心できる

カードローンを利用する場合、借入先のイメージを気にする人もいますが、バンクイックはこの点でも安心できます。どうしてかというと、バンクイックのカードローンを発行しているのは東京三菱UFJ銀行だからです。
言わずとしれた大手の銀行であり、実績も知名度も抜群で、信頼性もあります。そういうネームバリューのある銀行が発行しているのがバンクイックのカードローンなので、イメージを心配する必要はありません。

 

対応が早くて利便性が良い

バンクイックの審査は決して簡単ではありませんが、審査さえ通過すればその後の対応は非常に早く、カードを即日で発行してもらうことも可能です。
急いで資金調達したい人にとって、これも大きなメリットです。なお、実際に借り入れができるのはカードを受け取ってからですが、バンクイックなら発行だけでなく受け取りも即日が可能です。

バンクイックのカードローンの審査でチェックされるもの

国内に居住する満20歳以上65歳未満の人

バンクイックの審査では申込者の年齢がチェックされますが、利用可能な範囲は満20歳以上65歳未満です。
従って、20歳に達していない大学生や高校生、中学生は利用できません。
そして国内に居住していることが条件ですから、日本人であっても国外在住の方は利用不可となります。
一方、外国人であっても国内在住で永住許可を持っていれば、申込ができます。ポイントは日本人か外国人かではなく、国外在住か国内在住かという点です。

 

安定した収入が得られているか

バンクイックだけに限りませんが、安定収入の有無は必ず審査でチェックされます。
なぜなら、安定収入がない人にお金を貸すと、後で返済不能リスクを背負ってしまうことになるからです。
カードローン会社ではそうした危険を回避するため、申込者の収入状況を審査します。とりわけ重要視するのは、収入の継続性です。
不定期ではなく毎月定期的に収入を得ているかどうか、その点を金額以上に厳しくチェックしています。
もっとも、勤務先が大手であれば審査に通過しやすいといえるでしょう。大手勤務であれば、収入金額が多くて安定もしているからです。
しかし継続収入を得られていることが重要なので、バイトやパートでも審査に通過できる可能性があります。
この点は、バンクイックのサービスの手厚さといえるでしょう。

 

金融事故の履歴があるかどうか

銀行やカードローン会社が注意を向けるポイントの一つに金融事故履歴がありますが、これもバンクイックで審査されることになります。
方法は、信用情報機関に照会して、申込者の金融事故記録の有無をチェックすることです。ここもし何らかの事故履歴があれば、審査を通過するのは難しくなります。
一方、トラブルが何もない人は審査通過の可能性が高まります。
では具体的にどういうものが金融事故になるかというと、債務整理や長期延滞、代位弁済や強制解約などです。
つまり、クレジットカードやローンで支払いを滞納している人、借金返済が難しくなって破産手続きをしたり任意整理を行っている人、また本人の意思に関わらず業者から強制的に契約を解約された人は、金融事故履歴のある人とみなされます。
ただし、過去に金融事故を起こしたことがある人でも、審査に通過できることもあります。
なぜなら、金融事故の記録は信用情報機関にいつまでも残るわけではなく、5年以上経つと順次、消去されていくからです。

周囲にバレることなくバンクイックカードローンに申込できるか?

在籍確認でバレることはない

勤務先への在籍確認が恐くてカードローンを申し込めないという人もいますが、バンクイックの場合はこれを恐れる必要はありません。
なぜなら、バンクイックでも在籍確認が行われる場合もありますが、電話をかけるときは個人名を名乗るようにしているからです。
バンクイックという名前は一切出さず、あたかも申込者の知人であるかのように、どこにでもあるような名字を使ってかけてくるのです。
従って、会社の上司や同僚に怪しまれることはありませんし、まして金融業者だと思われることもありません。また状況によっては、そもそも在籍確認自体が行われないこともあります。
特に少額融資のときは行われない可能性が高いです。
いずれにしても、在籍確認でバレることはないと考えていいでしょう。

 

郵送物でバレる危険も防ぐことができる

申し込みした後、自宅に届く郵送物で家族にバレるのではないかと心配する人もいるでしょう。
実はこれについても問題ありません。バンクイックのサービスの手厚さですね。
なぜなら、バンクイックではネット申し込みをした後で必要書類をテレビ窓口に取りに行けば、自宅に郵送物が届くことはないからです。
申し込みをネットでするだけなら自宅に書類が届いてしまいますが、テレビ窓口で一式を受け取る設定にすればこれを回避できます。
仮に設定を間違えて郵送物が自宅に来てしまったとしても、送り主は三菱東京UFJ銀行となっているので、カードローンを申し込んだことがバレることはありません。
三菱東京UFJ銀行は大手都市銀行なので、そのイメージからカードローンは連想しにくいものです。

 

連絡は携帯電話にかかってくるから安心

自宅の固定電話にかかってきて家族にバレるのを恐れる人もいますが、これも全く問題になりません。
どうしてかというと、申込時に携帯電話を登録しておけば、バンクイックは固定ではなく携帯電話に連絡を入れるからです。
従って、電話から家族に知られることはまずありません。
また、バンクイックのほうでも利用者のプライバシー保護についてはよく考慮されており、利用者の不利になるようなことはしません。そうした点からも、過度な心配は不要です。仮に返済を滞らせた場合でも、基本的に連絡は携帯電話にかかってきます。
ただし、遅延が何度も続き悪質と判断された場合は固定電話にかかってくる可能性もあるので、注意してください。
もちろん、少し遅れたぐらいで悪質利用者と見なされることはありません。

 

バンクイックで10万円を借りるときの必要条件と注意点

審査に通過することが条件

10万円の借入は少額融資ではありますが、融資を得るためにはバンクイックの審査を通過しなければなりません。
その審査基準ですが、明らかにされているところでは、満20歳以上65歳未満の個人であること、国内に居住していること、アコム株式会社の保証が受けられること、そして安定した収入があることです。
金額によってはこれ以外の条件も審査される可能性がありますが、10万円の少額融資ならここに挙げた基準をクリアすれば問題ないでしょう。
特に重要なポイントは、安定収入があることです。
バンクイックに限らずカードローン会社は返済の滞納や不払いをリスクと考えていますので、継続的収入の有無はとても重要です。
なお利用限度額が50万円を超える場合は収入証明書の提出が必要ですが、10万円の場合は不要です。また少額融資では、よほどのことがない限り属性を詳細に調べられることもありません。

 

10万円を借りた場合の利息はいくら?

バンクイックで10万円を借りる場合の金利は、借入利率、年13.6%〜年14.6%が適用されます。
この利率を基に計算すれば月々の利息が明らかになります。例えば、年利14.6%で10万円を1ヵ月借りた場合の利息は、1200円となります。
式は「借りたお金の合計×金利(実質年率)×借りた日数÷365日=利息」ですので、ご自身の条件を当てはめて利息を計算してみましょう。
なお、金利は利用限度額によって変わることを覚えておいてください。
利用限度額とは申込者が受けられる融資の限度のことですが、この限度額によって適用金利は異なります。
ちなみにバンクイックの場合、利用限度額が500万円だと年利1.8%が適用されますが、この手厚さは業界の中で際立っています。

 

返済シミュレーションを活用しながら計画的に借り入れをする

10万円の借入額はバンクイックでは最低水準ですが、少額だからと油断しないようにしてください。
特に毎月支払う利息額には注意しなければなりません。
利息は元本に比べれば額は小さいですが、これを毎月着実に支払っていかないと、元本が一向に減っていかない事態を生んでしまうことになります。
そうすると返済期間が長いて結果的に借金地獄に陥ってしまうことになります。
こうした状況を避けるためには、借りる前に入念な返済シミュレーションを行い、月々の利息額を明確にし、遅滞のないよう着実に返済していくことです。
少額融資であっても、どんぶり勘定で借入をすることがないようにしてください。

 

page top